工房ぬり松、

STUDIO NURIMATSU,

工房ぬり松、

九州、福岡を拠点に活動する、漆器作家工房

  • 九州の

    九州の

    福岡の西。拾六町ツイジ遺跡から漆の腕輪が出土されています。

  • 博多

    博多

    の地は、古くから交易が栄え、様々なものが入ってくる地です。

  • 漆工房

    漆工房

     

    を構え、漆の文化と伝統を考える

  • ぬり松、

    ぬり松、

    は、自然素材である漆で、日々制作を続けています。

松生 順 と 松生 まさよ による漆器工房です。

2000年(平成12年)から、福岡を拠点に活動しています。

伝統技法を発展させた新鮮な表現で、現代を生きる私達が楽しめるものづくり、そして、多様化するライフスタイルにマッチするモダンな漆芸を目指しています。

また、新しいタイプの漆芸スクール「博多漆芸研究所」を主宰し、漆芸、金継を教えています。漆芸素材の販売もしています。

新着情報
2019/08/17
博多漆芸研究所には様々な顔があります。 漆芸工房 金継工房 教室(漆芸Continue reading
2019/08/15
台風10号の影響で風雨が強くなっておりますが、研究所は通常通り開講いたContinue reading
2019/08/11
佐賀県鳥栖市の萬歳寺には、ウルシノキがあります。 普段は渡邉さんがメンContinue reading